復刻版 モートルの父 重宗芳水(岩国人)

¥ 1,620 税込

商品コード: h-010

関連カテゴリ

  1. その他の書籍
数量


■お届けについて

 土日祝を除く3営業日以内にメール便(郵便局)にて発送します。

 メール便でお届けの場合、ポストへ投函となりますので、お届け時間指定は承れません。ご了承ください。



世界企業・明電舎を創業、国際モーターを開発普及した重宗芳水(しげむね よしみ)

その原点は岩国での恵まれない少年期だった。

戦時中に発刊された幻の名著がここに蘇る。



「若者へ送る人生の羅針盤」
重宗芳水は、そうした家庭的にも経済的にも恵まれなかった逆境の中で、多くの友人に揉まれながら、のちに技術者、経営者として大成するに必要な資質を自ら育んでいったのです。
(中略)
この隠れた名著を復刻したのは、この偉大な人格を若者たちが知り、たった一度きりの人生を取りこぼすことなく、どう生きるかを考えるヒントにして欲しいと願ったからです。(解題より)



〇著者 今井誉次郎(いまい たかじろう)



1906年(明治39)岐阜県白川町に生まれる。岐阜師範学校を卒業し、岐阜県にて小学校教師となる。後に上京し、雑誌『綴方生活』を編集。1950年『農村社会科カリキュラムの実践』にて毎日出版文化賞受賞。自作スライドにて文部大臣賞受賞。教育評論家、児童文学者。1977年(昭和52)永眠。享年72。



〇復刻版編集者 佐古利南(さこ としなみ)



1942年(昭和17)山口県岩国市出身。早稲田大学卒業後、山口県立高校の教員となり教頭・校長を歴任。定年退職後、岩国市ゆかりの人物の言葉を刻んだ石碑を建立する運動と共に、教育をテーマにした執筆・講演活動を展開。著書に『近代日本の礎を築いた七人の男たち』致知出版がある。立志の碑交流委員会代表。