ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

販売店

雑誌くるとんのご意見・ご感想

[トップに戻る] [BBSトップ] [使い方] [ワード検索]



No.1043 楽しみにしています投稿者: Y・U

投稿日:2014/02/05(Wed) 10:59

 
グルメ情報が好きで、毎回楽しみにしています。
今回も自分の知らないお店を発見することができたので、足を運んでみたいと思っています。
また、新しい情報を掲載していただければと思います。
次回も楽しみにしています。



No.1066 これからもワクワクをお届けします。投稿者: 編集長

投稿日:2014/03/01(Sat) 10:31

 

お便りをありがとうございます。
グルメ情報がお好きとのこと。
知らないお店に行って、どんなものが出てくるのかワクワクして待つ時間が、私も大好きです。
これからも、そんなワクワクを届けることができるように、知られざるグルメ店、みつけて知らせたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
No.1044 合格しました投稿者: M・N

投稿日:2014/02/05(Wed) 11:04

 
瀬戸の細道での下田八幡宮に行ったことがあります。
何に御利益があるかわからなかったのですが、
娘の大学合格祈願に行きました。
おかげで合格しました。
「宮ホーホー」なる妖怪とは?
地元の人に聞いてもわからなかったのですが・・・



No.1065 宮ホーホーという化物投稿者: 編集長

投稿日:2014/03/01(Sat) 10:28

 

いつもお便りをありがとうございます。
周防大島町の下田八幡宮に伝わる「宮ホーホー」という妖怪の話。ほんの小さな写真の説明文にしか載せていなくて、それを見つけられたことに、驚き、感謝です。
紙面の関係で説明ができていませんでした。
「宮ホーホー」は、周防大島出身で民俗学者の宮本常一さんの著書に出てきます。常一さんの祖父がこの妖怪の伝説を語っていたということです。その一文は・・・
 この森には宮ホーホーという化物がいると祖父の寝物語にきいて、夢に見たことがある。宮の鳥居をくぐると、四十二段の石段があるのだが、宮ホーホーはその上のほうに腰をかけ、その足は石段の下まで届いていた。白い着物をきて、にたにた笑っていたのである。何となく恐ろしかった。(「私のふるさと」宮本常一 より)
 地域には、なんとも面白い逸話があるものです。それがだんだんと忘れ去れてゆく。宮本常一先生の仕事に敬意を示すと共に、くるとんも、そんな仕事の手伝いができたらいいなと思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
No.1045 紹介してください投稿者: 1103

投稿日:2014/02/05(Wed) 11:13

 
いったことのあるお店が取り上げられているとうれしいです。
これからも、たくさん、小さいけど、こだわられ、ステキなお店を紹介して下さい。



No.1064 親しみと発見のある誌面めざして!投稿者: 編集長

投稿日:2014/03/01(Sat) 10:13

 

お便りをありがとうございます。
そして、バックナンバーのお申込み、感謝感謝です。
行ったことのあるお店を雑誌で見つけるというのは、確かに嬉しいことですね。
挨拶程度しかしない店主さんの、「そうだったんだぁ?」が知れたりして。
これからも、そんな親しみと発見のある誌面、がんばって作りたいと思っています。
これからも、色々と、よろしくお願いします。
No.1046 笑顔に元気をいただいてます投稿者: ペペママ

投稿日:2014/02/05(Wed) 11:16

 
久しぶりにハガキを出します。
くるとんに出られる方達の笑顔に元気をいただいています!!
写真の撮り方も康弘さんの言葉も文章も大、大、大好きです!!
私もみんなが笑顔になってくれるくらいに元気にならなくてはね。



No.1063 いつも笑顔で!投稿者: 編集長

投稿日:2014/03/01(Sat) 10:07

 

いつもハガキをありがとうございます。
ハガキをいただく常連さんからハガキが届かないと、ちょっと淋しい気持ちになったりします。なんだか、文通をしているような気分。再びメッセージが届いて、とても嬉しいです。
いつも笑顔のペペママさん、これからも末永くよろしくお願いします。
No.1047 進化を感じます投稿者: A・I

投稿日:2014/02/05(Wed) 11:23

 
くるとん、背表紙がつきましたね!!
ずーっと購読させていただいているので、毎号毎号「雑誌くるとん」の進化を感じます。うれしいです。
本棚にずらっとバックナンバーがならんでいるのですが、これで(背表紙)どこにどんな記事だったのかが、わかりやすくなりました。
厚くなった分、記事作りも大変でしょうが、がんばって下さい。



No.1062 これからも進化します。投稿者: 編集長

投稿日:2014/03/01(Sat) 10:04

 

いつもお便りをありがとうございます。
そうなんです。雑誌の製本方法を変更しました。こんな風にできたらいいと、ずっと思っていましたが、コストの問題などがあって・・・。印刷会社さんの努力のお陰です。
厚くなったと感じられると思いますが、ページ数は同じです。これからも、この製本でお届けしたいと考えています。
ただし、綴じ方には色んな種類があって、厚く感じたり薄く感じたりすると思います。
これからも、綴じ方の試行錯誤は続くと思います。ご理解願います。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 |

このプログラムは KENT 氏の yybbs を xoops(PHP) に移植したものです
- KENT -

Copyright(C)2009 Crouton Co., Ltd. All Rights Reserved.